淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 世界クラシック名画撰集

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

世界クラシック名画撰集

キートンの探偵学入門

 

Atacched File
キートンの探偵学入門
SHERLOCK Jr.
 
体当たりで創造する笑い、決して笑わぬ仏頂面の大コメディアン、キートンが真価を見せる
チャップリンやロイドと並んで「世界の三大喜劇王」と称されるバスター・キートン。
映写マンの彼の憧れは名探偵シャーロック・ホームズ! 恋する彼女の家で盗難事件が起きるが、泥棒呼ばわりされてガックリ。
映写室でうたた寝する夢の中で真犯人探しに乗りだし、スピーディーなアクションの奔流となる。
ウディ・アレン『カイロの紫のバラ』の原点、現代のコメディアンに強烈な影響をおよぼした作品。
 
 
Atacched File
  • 原題:SHERLOCK, JR.
  • 監督:バスター・キートン
  • 脚本:
  • キャスト:バスター・キートン/ジョ―・ロバーツ  
  • 製作年:1921年
  • 製作国:アメリカ

探偵学入門。

これではちょっとおわかりになりませんね。
バスター・キートンの探偵学入門。
ああそうかと思い出したでしょう? 後にウッディ・アレンが、このまねしたね。
このバスター・キートン、バタバタ喜劇がたくさんある中、非常にハイクラスのセンスのある人なんですね。

で、この映画では映写技師なんですね。
映写技師が映画写してる最中に、夢の中で画面の中に入り込んでいったの。歩いて、歩いて、画面の中に入っちゃたのね。
そして、シャーロック・ホームズみたいなまねをして、自分と女とのあいだの犯罪とか、そんなもの調べて、またもとに帰ってくる、 不思議な、不思議な映画なんですね。

映画の画面の中に映写技師が入るなんて考えられない頃に、キートンはそんなもの考えたんですね。キートンのコメディーは、どこかフランス的なんですね。どこか粋なんですね。

キートン、非常に面白い人で、この探偵学入門、これを真似しているのがウッディ・アレンですね。ウッディ・アレンが、後にこれと同じようなことしましたね。画面の中に入っていくような。

そういうの、早くも、早くも、1924年にキートンがやっちゃってるんですね。
キートンの映画、みんな粋なんですね。
チャップリンは非常にわかりやすく見せる人間映画ですけど、キートンの方はどっちかいうとマンガですね。フランスのマンガみたいな感じがありますね。

後にキートンが亡くなってから、奥さんに会いましたの。日本に来たの、奥さんが。
「あら!キートン。あんた、キートンの奥さんですか?」 「そうですよ」 
何にもスターぶらない、いばらない奥さんでしたよ。

キートンってどんな男でしたかって聞くと、 
「あーあ、キートンさん… あたしの主人… のんきな男でね、あの人は。とにかく、パーティーっていったら、みんなの頭をたたいたりするんですよ。面白い人でね。笑うんですよ。映画で、一回も笑いませんけど、笑うんですよ。」

「それでね、ごはん食べてるとね、隣近所の男の子がノックするんですね。家のドアを。
はーい、なんですか?っていったら、 おじさん野球しようっていうんですね。ごはん食べてる最中にね。キートンはごはん止めてね、その子供の野球の相手をやるんですね。そういう人だったんです、あの人は。いい人だったんですよ、非常に。」
家でも外でも非常にいい人だったらしいですね。

一時は大きな大きな、ものすごい家をもっていたんですね。
ノーマ・タルマッジの妹のコンスタンス・タルマッジのそのまた妹の、 ナタリー・タルマッジの旦那さんになったんですね。大金持ちですね。

だから、大きな、大きな家にすんだんですね。
『ゴッドファーザー』でプロデューサーの家がうつりますよね。
あの、2階、3階ある、噴水のある大邸宅がうつりますね。
あれじつはバスター・キートンの住んでた家なんですね。

バスター・キートンはチャップリン同様にすごく有名だったんですね。
バスター・キートンは後にチャップリンと2人で演技をしましたね。
『ライムライト』かなんかでね。
あれみたとき涙が出ましたね。なつかしい2人だなあと思って。

という訳で、バスター・キートンはやっぱり代表的な有名な俳優ですね。
この人は、おとうさんもおかあさんも俳優。
1歳か2歳のときに舞台に出てきて、1歳の赤ちゃんの頃、 お母さんがお父さんのほうへパーンとなげたんですね。お父さん、またそのパーンとなげたんです、 お母さんに。
警察に怒られたんですね。生まれてまだ20日ぐらいの子をね、 舞台で投げたり受け取ったりしてはだめですって。

それくらいに、もう生まれたときから舞台に出ていた人で、 なんかしらないけど、はしごに登る時ひっくりかえって落ちたんですね。6歳の頃、バチャーンと。
あっと思ったら、笑いもせず泣きもせず、 すーっと楽屋の方に入っていったんですね。
そうすると1人のアメリカ兵が、バスター!っていったんですね。
「おい!やったぞっ!(バスター!)」といったんですね。
バスターという名前がでたんですね。これがちょうど芸名になったんですね。

【解説:淀川長治】
 

「忍術キートン」の改題。映画でのみ可能なトリックを最大限に生かしたキートンギャグの傑作。名探偵に憧れている映写技師キートンは恋人の父から泥棒の濡れ衣を着せられてしまうが、映写中に眠ってしまい分身がスクリーンの中へ入ってしまう。キートンは泥棒探しを始め、それに恋人や恋敵が絡む。このアイデアの面白いこと。のちにウッディ・アレンは「カイロの紫のバラ」でこのギャグをパクっている。

 

(解説:岡田 喜一郎)


 

キートンの探偵学入門 [DVD]Atacched File

Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO