淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 世界クラシック名画撰集

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

世界クラシック名画撰集

 

 
Atacched File
SPARROWS
 
“世界の恋人”と呼ばれたスーパースター、メアリー・ピックフォードの可憐、快活な魅力
男性にも女性にも愛された超人気ピックフォードのお下げの少女モリー役。悪魔のような男が底なし沼に囲まれた小屋に、身代金目当ての子供9人と大金持ちの赤ちゃんを監禁した。警察は見つけてくれない。最年長のモリーは、みんなを率いてワニがいる沼を渡り、銃撃をくぐって逃げ出す。彼女が子供たちと恐怖の沼を脱出すると、かたずを呑んでいた世界の映画ファンは喝采した。暗いストーリーを明るく包み込み、暖かいユーモアが感動を呼ぶ。
<作品情報>
【淀川長治解説映像付き】 

 
 Atacched File
 
  • 原題:SPARROWS
  • 監督:ウィリアム・ボーディン
  • 脚本:
  • キャスト:メアリー・ピックフォード/グスタフ・フォン・セイファーティッツ 
     
  • 製作年:1926年
  • 製作国:アメリカ

 

『雀』、このお話しましょうね。

『雀』『Sparrows』。なんでしょう?これはメアリー・ピックフォード、この人が本当に人気トップワンのころに映画になった問題の作品ですね。
メアリー・ピックフォードの映画というと、この『Sparrows』ですね。
この『雀』が非常に評判になりましたね。

メアリー・ピックフォードと言うのは、かわいい、かわいい少女。
かわいい少女だけど…負け惜しみがつよいの。誰にも負けないの。
その負けない、非常にガンバリの強い、本当に元気な少女。

これがアメリカで大うけ。やさしーい小娘のくせに誰にも負けない勇気。 
アメリカでメアリー・ピックフォードはすごく評判よくて、アメリカのハート、アメリカの本当の代表的少女というのでメアリー・ピックフォードは有名なんですね。
その頃のこの『雀』は代表作品です。

で、『雀』。一体何でしょうね?
フロリダの方で悪い男がいましてね、悪い女がいましてね。その夫婦が子供をさらっていくんですね。 どこの街でも小っちゃな2歳、3歳くらいの子供をどんどん集めてね。 
それをね、金持ちで養子がほしいと言う人に売るんですね。
だから、あちらでも、こちらでも子供がとられちゃって、みんなが困る。

そこに売れ残りの少女がいるんですね。みんな、2歳、3歳、4歳くらい、5歳くらいの子供ばっかりなのに、この子は15歳くらいなんですね。 
それがメアリー・ピックフォード。 

ところが、その売れ残りのメアリー・ピックフォードがみんなを助けようとするんですね。その、悪い悪いオヤジ、悪い悪いオバサンの目をかすめて逃げて行こうとするんですね。
そこが、この『雀』のものすごいシーンなんですね。 

どういうシーンかといいますと、みんな集めて、十何人か忘れましたけど、その子供集めて、ズーッと逃げて行くんです。
どんどん、どんどん逃げるんですね。
泳げない、渡れない所は木の枝から枝へ飛んで行くんですね。
その木の枝、またがって、またがって行く下にはワニがいるんですね。

ワニがいっぱいいるところを、子供を十何人連れて渡るところがすごいんですね、そのものすごいさ! 
メアリー・ピックフォードが「あんた、お行きっ!さあ、お行きっ!」、小さい子供を抱いて行く、そのシーン。 

そのシーンが、ずっと後にウォルト・ディズニーに伝わりましたね。
ディズニーがこのシーンこそ本当の映画のサスペンス、スリラーだっていうので、ディズニーはこの『雀』からずいぶん勉強しましたね。

『雀』の面白いところは、どんどん、どんどん逃げる。
下にワニが大きな口あけて、ワーッと飛びつこうとする。
そこを子供をつれてどんどん逃げる時に…メアリー・ピックフォードの前の男の子のパンツがずれてオシリがでるんですね。「あんた、ダメよ!そんなところでオシリだしちゃ。」
そのあたりのスリルとサスペンス、しかもコメディ。
それがすごくよくて、メアリー・ピックフォードはこの映画で一躍有名になりましたね。
『雀』はディズニーの教科書ですね。

ディズニーがまだいないころ、どんどん、どんどん、スリル、スリル、逃げて、逃げて、とうとう逃げおうせて。 
やがて立派な、立派なお方が、メアリー・ピックフォードを養女にもらったんですね。
ハッピーエンドですね。
いかにもメアリー・ピックフォードらしい代表作品ですね。 

【解説:淀川長治】
  

アメリカのサイレント時代のスーパースター、メアリー・ピックフォードが主演した感動ドラマ。悪魔のような冷血な農場主が底なし沼に囲まれた小屋に子供たちを監禁して過酷な労働を強いる。メアリー・ピックフォードが囚われた子供たちを命がけで救う娘を熱演している。小柄で可愛らしくしかも快活なピックフォードの魅力がいっぱいで、恐怖物語なのにユーモアと暖かさが溢れている。

 

(解説:岡田 喜一郎)

Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO