淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 世界クラシック名画撰集

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

世界クラシック名画撰集

第三の男

 

Atacched File
第三の男
THE THIRD MAN
 
胸をかきむしるツィターの調べ。白と黒の光と影がリズミカルに躍動する映像の交響詩
底冷えのする廃墟にリード監督は斜め構図に映画テクニックをこらし、不安をかきたてて人間心理の急所をつく。終戦直後、米英仏ソ4か国の分割管理下にあったウィーンを訪ねたアメリカの西部小説作家は、埋葬に立ちあった親友が生きていると知る。その「第三の男」を演じるオーソン・ウェルズの場面を圧倒する怪異な風貌。すれちがいのラストはあまりに名高い。アントン・カラスがツィターひとつで即興的に演奏した音楽はドラマと一体になり感情を訴えかける。
<作品情報>
【淀川長治解説映像付き】
1950年(第23回)アカデミー賞撮影賞(白黒)
1949年(第3回)カンヌ国際映画祭グランプリ
1952年(第26回)キネマ旬報外国映画ベストテン第2位
 
Atacched File
  • 原題:THE THIRD MAN
  • 監督:キャロル・リード
  • 脚本:キャロル・リード
  • キャスト:オーソン・ウェルズ/アリダ・ヴァり 
     
  • 製作年:1949年
  • 製作国:イギリス

『第三の男』、The Third Man、これは見事なキャロル・リードの名作ですね。

で、これは私は観てあまり立派なので驚きました、と同時に少し憎らしくなった。
本当に映画の教科書ですね。脚本もキャメラも監督自身も、見事なキャロル・リードの感覚が出てワンカットも無駄でない、見事な映画自身の教科書、そう思いました。
だからこれに私は惚れ込んだけれども、ちょっときらいでした。ゆとりがないぐらい奇麗だった、見事だったからですね。

ジョセフ・コットン、アメリカの探偵作家、それがハリー・ライムという....オーソン・ウェルズが扮してます、それに呼ばれたんですね、ウィーンに。
で、行ったんですね、来てくれいうので。
そっから始まるんですけど、その話がうまいんですね。この脚色がいいんですね。

行くとハリー・ライム、オーソン・ウェルズの扮してる、このハリーという男のお葬式から始まるんですね。でも実は死んでないんですね、死んでなかったんですね。

どうして死んでなかったか、どうして死んだ様にしたか、それを誰がみてお葬式したか、いうところからだんだん謎に入っていくんですけど、ハリー・ライムが実は麻薬の売買なんかやってる注目の男だったんですね。
そういう事をこの友達が知って、悲しくなりながらも、ずーっと応援したりするんですけど、見所はこのいかにもキャロル・リードの撮るウィーンの街ですね。

第二次世界大戦いうか、その後の崩れかけたウィーンの街が凄いですね。
キャメラがもうあらゆる意味で凄いんですね。
暗い中からハリー・ライムが出て来るあたり、オーソン・ウェルズ、凄いですね。
オーソン・ウェルズ、ジョセフ・コットン、監督がキャロル・リード....もう名作とはこれですね。
そういう訳であんまり立派なので、私好きだけど嫌いだったんですね。

あんまり見事だった。けどこれ、最後の最後の方でこの本当にハリー・ライムは死にました、お葬式になりました。
けどずっとずっと、最初から悪人とは知りながら、ずっとずっと愛をささやいていたのが、アリダ・ヴァリですね。アリダ・ヴァリのこの女がまたいいですね、見事ですね。
アリダ・ヴァリが最後まで、オーソン・ウェルズを悪と知りながら愛したんですね。愛し続けたんですね。

ところが、そのハリー・ライムの友達のアメリカの小説家、ジョセフ・コットン、これがやっぱりアリダ・ヴァリの美しさにまいっちゃったんですね。
あの愛の一念の見事さに、そうしてひょっとしたら僕も、あの女と結婚したいなあと思ったんですね。

最後、アリダ・ヴァリがもうハリー・ライムが本当に死んだ事を知って、秋の葉、並木の葉がパラパラ、パラパラ、パラパラ散るところで、向こうからまっすぐに来るんですね。

それをすぐ横の方でジープで待っていたのがアメリカの作家ですね。ジョセフ・コットンですね。
ひょっとしたら、こちら向いてくれたら、おれは口説いてアメリカに連れて行くと思って待ってたんですね。

もう一人になったから、未亡人になったから、そう思って待ってると、アリダ・ヴァリのこの彼女はずっとずっと、死んでもハリー・ライムを私の心から離しません、というので、まっすぐまっすぐ、こっち来るんですね。
まっすぐ来て、横の方に道わきでジョセフ・コットンが居るのも見ないで、無視してまっすぐこっちへ来るところで終わりますね。

見事なキャロル・リードのこのラストシーンに私はあっけにとられたほど、映画の美しさ、本当の映画の美しさ、映画の心をこんなに観せたのに感謝しました。『第三の男』は、そのぐらいの名作でした。

アリダ・ヴァリ、あの名女優がこれに出ている事、ジョセフ・コットンがこれに出ている事、そうしてオーソン・ウェルズ、あの有名な監督がこれに出ている事、しかも監督がキャロル・リード。この作品が本当の映画の教科書だいうことで、私惚れ込みながらも、あんまりにも隙がない奇麗さに、ちょっと嫌気がさしたぐらいの、これは名作です。

いまでも『第三の男』いいますと、映画の歴史のなかで、イギリス映画の歴史の中で、キャロル・リードの歴史の中で、これはナンバーワンになりますね。最高作品ですね。
もしもこれ、今始めてご覧になる方があったら、どんなに驚かれるでしょう。
映画は美しい、映画は心を本当に表現するもんだいうことがおわかりになると思います。『第三の男』、怖い映画ですよ。

【解説:淀川長治】
 

第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD]Atacched File


 

キャロル・リードが監督したサスペンス映画の傑作。第2次大戦後、ウィーンを訪れたアメリカの作家ホリー(ジョゼフ・コットン)は友人ハリー(オーソン・ウェルズ)が死んだと聞かされ疑問を抱くが、彼の死は偽装工作だった。アントン・カラスのチターの主題曲、観覧車の対決、下水道の追跡、並木道のラストシーンなど光と影の映像美が秀逸。第3回カンヌ国際映画祭グランプリ。まさに映画の教科書だ。

(解説:岡田 喜一郎)


 

Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO