淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 淀川長治さんを語る〜岡田喜一郎

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

淀川長治さんを語る〜岡田喜一郎



明治、大正、昭和、平成の4代にわたり89年間生涯現役を貫いた不世出の映画評論家・淀川長治。
あの「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の名調子で人気を博し、晩年自ら?映画の伝道師?と名乗ったが、?人生の伝道師?でもあった。
長い映画生活の中から生まれた名言の数々は、単に映画鑑賞のためだけではなく、私たちに生きる勇気を与えてくれる。

岡田喜一郎

岡田喜一郎氏プロフィール

1938年東京都生まれ。映像作家。早稲田大学第一文学部卒業後、記録映画「東京オリンピック」種目別監督をはじめ、多くのドキュメンタリー、テレビ作品の制作・脚本・監督を務める。日本映画ペンクラブ会員。

淀川長治氏とは30年に及ぶ交友があった。著書は『淀川長治の映画人生』(中公新書ラクレ)、『淀川長治のひとり座』(廣済堂出版)、『半七捕物帳お江戸歩き』(河出書房新社)、『映画で見つけた素敵なことば』(佼成出版社)、『淀川長治究極の映画ベスト100』『淀川長治究極の日本映画ベスト66』(ともに編・構成、河出書房新社)など多数。

親友こそ人生の宝です

昨年の十二月十二日に映画評論家、双葉十三郎さんが百歳を目前に九十九歳で亡くなりました。

双葉さんは淀川さんより一つ歳下の明治四十三年生まれ。映画評論や素晴らしい洋画ポスターを描いた野口久光さんは淀川さんと同い年。この三人は心許せる親友でした。
 ある雑誌に頼まれて三人が座談会をしたことがあります。そのとき、私も同席させてもらいましたが、三人ともまるで同窓会気分。ざっと歳を合わせると二百五十歳は超えていました。

 この三人の間にライバルとか、競争心はなかったのか。ちょっと気になり淀川さんに訊いたことがあります。

 「そんなことは一度もないね。われわれは仲のいい同級生。お互いに相手を尊敬し合っていたね。野口君は才人だよ。双葉君は西部劇やアクション映画を語らせたら右に出る者がいない東大出の秀才。それぞれ個性と才能を持っていて、それをお互いに認め合った。だから自分の意見を押しつけたりはしない。いい仕事をしたらみんなで万歳といって喜び合う。親友こそ人生の宝だ。いくらお金を出しても買えるものじゃあないよ」

 この言葉ですごいなあと思ったのは、相手の意見や言うことはよく訊くが、決して自分の意見を押付けないということです。おのれだけが有頂天になり、相手の立場も考えないで、勝手に振る舞う人間が多い昨今、相手の世界に土足で入り込まないという淀川さんたちの仁義。この明治気質によって友情が保たれていたのです。




Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO