淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 淀川長治さんを語る〜岡田喜一郎

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

淀川長治さんを語る〜岡田喜一郎



明治、大正、昭和、平成の4代にわたり89年間生涯現役を貫いた不世出の映画評論家・淀川長治。
あの「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の名調子で人気を博し、晩年自ら?映画の伝道師?と名乗ったが、?人生の伝道師?でもあった。
長い映画生活の中から生まれた名言の数々は、単に映画鑑賞のためだけではなく、私たちに生きる勇気を与えてくれる。

岡田喜一郎

岡田喜一郎氏プロフィール

1938年東京都生まれ。映像作家。早稲田大学第一文学部卒業後、記録映画「東京オリンピック」種目別監督をはじめ、多くのドキュメンタリー、テレビ作品の制作・脚本・監督を務める。日本映画ペンクラブ会員。

淀川長治氏とは30年に及ぶ交友があった。著書は『淀川長治の映画人生』(中公新書ラクレ)、『淀川長治のひとり座』(廣済堂出版)、『半七捕物帳お江戸歩き』(河出書房新社)、『映画で見つけた素敵なことば』(佼成出版社)、『淀川長治究極の映画ベスト100』『淀川長治究極の日本映画ベスト66』(ともに編・構成、河出書房新社)など多数。

映画をアタマで観たらダメですよ

淀川さんは、映画を理屈っぽく観て、あそこがおかしい、ここがおかしいなどとやたらにけなす人、また、わけのわからない理屈をこねまわして難しく表現する人を軽蔑しました。この言葉は、そんな理屈よりも、感覚的に観て欲しいということなのです。

とは言っても、感覚を磨くにはどうしたらいいのか、わからない人もいるはず。淀川さんはこう言っています。

「簡単なことですよ。素直にびっくりしたり、驚いたり、感動して涙を流したり、そのシーンの美しさに酔ったりしてごらんなさい。それが感覚を養う第一歩なの。いい映画を観ているうちにだんだん感覚がわかってきます」

というわけで、いい映画を観ることが基本。映画だけではありません。絵画、歌舞伎、文楽、オペラなど一流のものを観ることです。その中から美の栄養をどんどん吸収してほしい。

まさに、淀川さんは映画の血を89年間にわたって吸いあげてきた?ヴァンパイア?吸血鬼なのです。

今年は黒澤明監督生誕100年にあたります。戦前、お二人とも東宝にいて無二の親友でした。以来亡くなるまで交流は続きましたが、黒沢監督も映画を理屈っぽく観る人を嫌いました。もっと自由に観て楽しんで欲しいということです。たしかに黒澤映画は、わかりやすい楽しさに満ちています。片や映画評論家であり、片や映画監督と立場は違っていましたが映画に対する考え方は共通です。いまからでも決して遅くはありません。あなたの映画の観方を変えてみたら・・・。




Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO