淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 淀川長治さんを語る〜高澤瑛一

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

淀川長治さんを語る〜高澤瑛一



淀川長治さんの思い出

高澤瑛一

高澤瑛一氏プロフィール
1939年、東京生まれ。1962年、早稲田大学商学部卒業。在学中、映画研究会に所属。印刷会社の営業部勤務を経て、アメリカ大手映画会社の宣伝部に勤務。その後、映画雑誌2誌の編集部に約39年間在籍。並行して、映画評論家として執筆業に従事。

この十数年間は、中国語圏を中心に、アジア・中近東の映画に主眼を置いて執筆を展開。主な著書に「事典映画美」全3巻(朝日ソノラマ)、「映画にみるアメリカの青春」(TBSブリタニカ)、「ラストシーンをもう一度/名画のエンディング Best80」(清水書院)、翻訳書に「刑事コロンボ/偶像のレクイエム」「ファニー・レディ」(二見書房)などがある。08年にはCDBOX「映画音楽名画劇場」(テイチクエンタテインメント)の解説を執筆。日本映画ペンクラブ会員。

受賞者の手を握って離さない淀川さん

一昨年、休刊になった映画雑誌「ロードショー」編集部に、創刊から最終号まで在籍しました。その間、淀川長治さんに20数年間、お付き合いいただき幸せでした。

そのお名前を冠した淀川長治賞授賞式が、「ロードショー」誌主催で毎年一回開かれた。映画文化の発展に功績のあった方々を選考して表彰する賞で、1992年の第1回受賞者・字幕翻訳家の戸田奈津子さんから、最終回(07年)まで16回続きました。

中でも記憶に残るのが、山田洋次監督(95年)、北野武監督(97年)、宮崎駿監督(98年)らの受賞です。淀川さんは、授賞式では、ずっと彼らの手を握って離しません。とりわけ北野監督の大ファンで、監督自身がびっくりするほどの惚れこみようでした。

あるとき、選考会でジャッキー・チェンを候補にしたことで、淀川さんにこっぴどく叱られたことがある。ジャッキーでは賞にふさわしくないということで、いまはそれも懐かしい思い出として残っています。
Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO