淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家 - 淀川長治さんを語る〜高澤瑛一

淀川長治:明治、大正、昭和、平成にかけて生涯現役、映画一筋に生きた不世出の映画評論家
PC TOP 年表 オフショット写真館 国弘よう子さん寄稿 岡田喜一郎さん寄稿 高澤瑛一さん寄稿 世界クラシック名画撰集 お問い合わせ

Information

Link歓迎!link来たれ! リンク用画像  

淀川長治さんを語る〜高澤瑛一



淀川長治さんの思い出

高澤瑛一

高澤瑛一氏プロフィール
1939年、東京生まれ。1962年、早稲田大学商学部卒業。在学中、映画研究会に所属。印刷会社の営業部勤務を経て、アメリカ大手映画会社の宣伝部に勤務。その後、映画雑誌2誌の編集部に約39年間在籍。並行して、映画評論家として執筆業に従事。

この十数年間は、中国語圏を中心に、アジア・中近東の映画に主眼を置いて執筆を展開。主な著書に「事典映画美」全3巻(朝日ソノラマ)、「映画にみるアメリカの青春」(TBSブリタニカ)、「ラストシーンをもう一度/名画のエンディング Best80」(清水書院)、翻訳書に「刑事コロンボ/偶像のレクイエム」「ファニー・レディ」(二見書房)などがある。08年にはCDBOX「映画音楽名画劇場」(テイチクエンタテインメント)の解説を執筆。日本映画ペンクラブ会員。

原稿をいただくときは真剣勝負!

映画雑誌の編集部に在籍中、淀川さんからは月に1回、連載原稿をいただいていました。TV出演や講演、各種の原稿執筆と、お忙しいのに、淀川さんは必ず締め切り日を守ってくださった。約束の喫茶店や、滞在中のホテルでお会いして原稿をいただくときは、まさに真剣勝負。淀川さんは、原稿を差し出しながら「読んでみなさいね」と、こちらの顔をじっと見つめます。

それで、緊張しながら、淀川さんの原稿に目を通す。余りサッと読んでも、いいかげんなようでいけない。読むのに時間をかけると、イライラされるだろう。その兼ね合いがむずかしかった。それで頃合いをみて、原稿を閉じ「たいへん結構です」と返事をすると、淀川さんは満足げにしていらした。考えてみると、これが執筆者と編集者の正常な関係なのですね。

いまの編集者は、メールで原稿を依頼する。筆者も、メールで原稿を送る。ひどいときは、編集者が筆者と顔を合わせずに、仕事が済んでしまうことがある。淀川さんを相手に、こんなことをしたら、一発で執筆を断られてしまうでしょう。もっとも淀川さんは、パソコンはもとより、FAXですら使おうとしないでしょうけど…。

フランクミュラー コピー時計 フランクミュラー コピー時計さん  7/2(月) [編集]

卓越したデザイン、奇想天外なアイデアで世界中の http://chenine.com/brand-122.html フランクミュラー コピー時計ファンを魅了する高級時計 ブランド「フランクミュラー」。 ... 不明とさえ言える複雑機構で有名なフランクミュラーですが、人によっては重宝される便利な機能を搭載した時計もあるんです。http://chenine.com/ ブランド 通販 激安


[コメントする]

Copyright ©IVC Inc and TZL Inc
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO